2016年9月30日金曜日

RANE SL4を購入した理由

昨日RANE SL4を購入した記事を書きましたが、数あるserato用インターフェースの中からSL4を選んだ理由を書いてみます。














きっかけ


昨年末に自宅にターンテーブルを導入しました!
レコード以外の音源を使いたいなと常々感じていましたし、PCDJコントローラーが壊れてきたので思い切って購入しました。
レコードだけでもいいんですが、いかんせん音源が少ないんですよね… それに最近DTMがうまくいって、自分のトラックをDJで使うことが多くなってきたっていうのも理由です。
最近はDJ出演も多くなり、現場の環境を自宅に再現できるのも大きいですね。




さてさて、本題に入りましょう。
PCDJコンVCI-380がぶっ壊れたことによって我が家ではレコードでしかまともにDJができないといった変な状況に陥ってしまいました。
そういうわけでそろそろ機材買おうと思っていました。まだまだseratoがいいので欲しいのはやはりSXシリーズ等中~上位機種になってきます。ですが上記にあるように現場でのDJ活動が増えてきて「デカい機材は持ち運ぶのが面倒」という考えがかなり大きくなってきましたね。
また、レコードでしか存在しない音源とPCでしか存在しない音源を両立させるためにはレコードでのDVSが現実的かなって思いました。


というわけでDVSをしたい! って思ったのがきっかけでしたね。










seratoのDVSコンの種類


まずseratoでDVSをするには
DVS対応DJコントローラー
DVS対応ミキサー
DVSインターフェース
のうちのどれかを所持せねばなりません。




一つ目のDVS対応コントローラーですが、対応しているコントローラーにタンテを繋げばDVSできるようです(DDJ-SX2等)。しかし、我が家のブースは横に狭いのでDJコントローラーとタンテ二台を横に並べられません。
また、イコライザーやフェーダー、エフェクター等ミキサーに劣るものが多いのでコントローラーでのDVSは断念しました。

















次にDVS対応ミキサーです。こちらは現場で使用されるレベルのものになってくるので値段がかなり高いです!
その分様々な機能は充実していると思います。
しかし、山梨県ではDVS機能付きミキサーを導入している箱が少ないので現場でDVSをするとなるとミキサーごと持ち込まなければなりません。



   




また、基本的に上記の二つではserato DVSという追加パッケージを購入しないといけないので少し値段があがります…








このようなことからDVSインターフェースを買おう! という結論に至りました。













DVSインターフェースの中から何を選ぶか


seratoが使えるDVSインターフェースはSL1SL2SL3SL4DS1の五種類しかありません。
まず、SL1ですがこれはserato scratch liveという古いソフトでしか使うことができないです。買わないようにしましょう!

SL2とSL3は2chのDVSコントロールに対応しています。音質は24bit48kbpsでSL2とSL3の違いは録音するためのAUX INがあるかどうかです。

SL4は最上位機種で24bit96kbps、4chDVSコントロールに対応。さらに2つのUSBポートを持ち同時に2つのパソコンからDVSすることが可能です。

そして最近DENONから発売されたDS1ですが機能はSL2と同等で、音質が96kbpsに対応し小さくなったものです。


音質面でいうと96kbpsを扱えるのはDS1とSL4しかありません。せっかく買うならという事でまずこの2つに絞りました。
DS1は安く、小型でいいのですが外部電源に対応していないためスルーアウトしたまま放置することができません。
山梨県という特性上現場に持ち込むことが多いでしょうし、転換時にレコードやCDを挟むのもあまり良くないなと思いSL4を第一候補にしました。


   








最後までSL4とDS1で迷いましたが何とか中古でいい案件が見つかったのでSL4を購入しました。
もともとコントロールヴァイナルは所持していましたし、フェーダー等操作部が多いDJコンに対してDVSインターフェースはRCAとUSBくらいしか扱う部分がありません。なのでパッと見て状態がよければいいかなーなんて思いました。

今のところ2PCで4ch制御はやれていないのでSL4の恩恵はそこまで得てはいないのですが、少なくともDVSインターフェースを購入してよかったですね。これで友達と気軽にDVSで遊んだりできます。











需要は人それぞれですし、自分にあったものを購入できればいいのかなって思います。
自分は早くSl4の真価を発揮したいものです。

2016年9月28日水曜日

seratoDVSインターフェース「RANE SL4」購入!

先日RANE製SL4を導入しました!




こちらを用いることで自宅で4chかつ2PCでのDVSが可能となりました。
個人で持つにはかーなーり高級なものですが思い切って購入しました。その理由とかは後日またブログにアップします。




SL4の特徴


4chフルで扱える
DS-1やSL-1,2,3は2chしか対応していませんがSL4はその名の通り4chに対応しています。全てのチャンネルでPHONO/LINEでのDVSに対応しているのでCDJやタンテが合計4台あればMIDIコンなしで4ch操作することができます。



USBが二つついている
一番の目玉です。一般のDJコンやインターフェースはUSBが一つしかついていないので、もちろん一台のPCにしか繋げません。
しかし、SL4では二つUSBがついているので同時に二台のPCを接続できます。こうすることでPCからPCへの転換がスムーズに行えますし、別々のPCでB2Bができます。



音質がいい
これはSL-2,3に比べてなのですがビットレートは24bitと変わらないものの、サンプルレートは96kHzと二倍になっています。最近発売されたDS-1は同様に96kHzですので最新機種同様の音質でプレイできます。




と、他の機材とは一線を画した機材になります。
特に2つUSBを搭載して別々のPCから同時に扱えるものは数少ないです。






まず、外観ですがただの大き目な弁当箱ですね。



DJコンとは違って操作する部分はほとんどないただのオーディオインターフェースなので当然です。少し大きめのサイズですがPCDJコンを持ち運ぶと考えたら比較にならないほど持ち運びしやすいですね。
フェーダーとかもないただの箱なので特殊なカバー等も必要なく持ち運べそうです。



音質ですが自宅では特にわからなかったです…
これに関しては大きな箱でプレイすることやレコードの録音にて発揮されるのかなって思います。



肝心の2USBによる同時操作ですがこれはかなり面白いです。
2つのPCを使って同じ機材でB2Bができるので楽しめました。
しかし、以前に自分もハマったのですが2つのPCで扱うために特殊な使用方法になるので熟知しないと現場でうまく作動しないと思います。
自宅での使用によってSL4に慣れていきたいですね。




画面に4デッキ出すと見づらかったり、コントローラーのマッピングもレイヤーを変えなきゃいけなかったりするので機会があれば2PCで4chコントロールしてみたいですね。
タンテ1機ずつでもう1デッキは完全シンクでサンプラーみたいな使い方で。
特に最近だとAbleton Linkなるものがついたそうじゃないですか。まだ使ったことはないのですが2つのPC間でシンクができたら面白そうです。







現在ではVJで使用しているkorg nanokontrol2をマッピングしてDVSサブコンとして使用しています。
タンテやCDJがある現場ではDVSでいいのですが、そうでない場所だったり接続が面倒な環境も想定してインターナルモードでのプレイもできるようになりたいです。

特に周りを見ているとDVSでは接続の関係でよく不具合を起こしています。その際に時間を取られるようであれば多少やりづらかったり面白くなかったとしても最小構成である程度できるようにならないといけないなーって思っています。
まだまだマッピングは考え直す余地がありそうなので次の出番までには完成させたいです。




SL4を導入してDJプレイの幅や現場への対応力が飛躍的にあがりました。
これからも頑張っていくので皆さんの応援お待ちしております。




2016年9月26日月曜日

serato用のキーボードカバー購入!

どーもー!
実はRANE SL4を購入し、家に届く待機してるgekkoでーす!
これで自宅でDVS環境&インターナル機構の練習ができるぞ!


それに合わせて(とは言ってもほぼ偶然ですが)serato公式のキーボードカバーを購入しました!


こんな感じです。
カラーは黒で、scratch live時代の面影が残っていますが2ch分なら十分に扱えるようになっています。



キーボードショートカットはわかっていても、いざ使うとなるとよくわからなくなったりしますのでこれはかなり便利です。
最悪タンテが壊れてもインターナルモードにしてキーボードだけでなんとかなりそうな感じはします。





ですが、もちろん欠点もあります。
・scratch live時代の物なので扱える機能が少ない
まずこれです。自分はホットキューを8つ使うのですが、scratch live準拠なので5つずつしか使えません。また、4chに対応していないのでその辺も少し考えどころです。

・MacBookPro Retinaに微妙に合わない
非retinaとretinaはキーボードの寸法は同じですが、キーボードの深さが違います。retinaの方が浅いのでたまにキーボードを押しても反応しなかったりします…



それでもあるのとないのではかなり便利さが違ってくる商品なのかなって思います。
特にAKAI AMXやDVSインターフェース等といった操作部が少ないものを使用するときにある程度はキーボードで補えるのでオススメです。


2016年9月3日土曜日

のっとリズムの画像とか動画とか

前回の続きです。
Twitterにいろいろ上がってたのでまとめましたー
なんか俺の動き面白いな…






















2016年9月2日金曜日

8/31のっとリズムを振り返って

明日はSRU03にたてあにとVJ案件が二つありますgekkoです。
みんな来てね!

終わってから2日ほど経ちましたが、商売敵まくたんさん主催ののっとリズムvol.2に公募DJとしてプレイしてきました!
場所は茶箱です。本当に音が良かった。お客さんとして一度行ったことがあるのですがブースで実際に回してみてやりやすい音響環境でしたね。またやりたい…

自分は終電の関係で最後までいられなかったのですが多くのDJさんがジャージークラブを好んでプレイしていました。初めて聴く曲も多くかなり勉強になりました。


さて、当日のセットリストを振り返ってみましょう。

01.Star Good-Bye
この日のために作ってきたマッシュアップです。8月31日はアニメ「ゼーガペイン」にとってとても重要な日です。そのゼーガペインが今年10周年で新規劇場版が製作されるとのことでどうしてもかけたかったです。
ゼーガペインEDのリトル・グッバイとテクノアンセム、The Chemical BrothersのStar Guitarをマッシュアップしてみました。
BPMも同じだし雰囲気もかなり近いのでうまく混ぜれたと思います。




02.RYDEEN "SRATM(TWA TEI)REMIX"
アニクラですが「俺はテクノDJだ!」と言わんばかりにこれをぶっこんでみました。YMOのRYDEENのかっこいいRemixです。そういえば去年のBouncYでもかけたな…
日本人なら誰でもわかるあのイントロの音でみんな気づいてくれたようで嬉しかったです。




03.光-PLANITb ReMix-
この繋ぎ行きの電車の中でふと思いついたんですよね。
RYDEENのいい感じのブレイクに光のブレイク明けをうまく混ぜてみました。
意外とかっこいいし、どちらもみんなが知ってる曲なのでブチあがったのではないかと。




04.*〜アスタリスク〜Ken Ishii's Seventh City rEMIX
これバイト先近くのハードオフで100円で手に入れたオレンジレンジのアルバムに入ってましたw
テクノの著名なアーティストがオレンジレンジのRemixを手がけています。
アスタリスクのこのRemixはEXTRAでおなじみKen Ishiiが作っています。アゲアゲというよりかはしっとりドープにフロアを包み込んでくれたと思います。




05.青い栞(VDJ:gekko Jersey Club ReEdit)
8月も終わり、夏の思い出と言ったらこれです!
梨アニの時に作ったEditですが気に入っているので今回もかけました。
今回はジャージーをかけるDJさんが多かったのですが流石にこれはかぶってなくてよかったです…





06.secret base 〜君がくれたもの〜 "Summer End Remix"
あの花2連続です!これでもかというくらい夏を押し出していきます!!!
8月31日なんて「夏の終わり」じゃないですか。これをかけずにはいられませんでしたね。



07.Summer(kotonohouse&the sub account remix)
こっから立て続けに優勝し続けますよ〜
banvoxのSummerの激ヤバRemixです!(今は消されちゃったみたい…?)
本当は原曲を使おうかと思っていましたが前日にこれがアップされたので使ってみました!
これマジでやばい! おすすめ!!!


08.WATCH YOUR LiP(Re:iM@SH UP)
banvoxといえばこれですね! Watch Me!!!
からの自分のマッシュアップです! デレマスのTulipとのマッシュアップ!
これマジで全員が震え上がってて楽しかったです!!!!



09.TOKIMEKI HARD TECHNO(VDJ:gekko Remix)
自分の最新作、TOKIMEKIエスカレートのハードテクノRemixです!
自分のテクノ好きの友人が来ていたし、意外と美嘉ねえPがいたので受けたようです。
あと、この曲箱鳴りもしっかりしてました…マジでよかった…
ここから本格的にテクノの流れにします。





10.LAY YOUR HANDS ON ME
2016年最高のテクノをここでかけます。アニメ「キズナイーバー」のOPです。映像がマジでVJだし、エモいテクノだし最高の曲です! 元気になれるというか明るい気持ちになれるテクノっていいですよね。




11.Born Slippy (Nuxx)
エウレカセブンが好きという方がいらっしゃったのでここからはエウレカの流れにします。
エウレカセブンの元ネタ「トレインスポッティング」でおなじみボーンスリッピーです。王道中の王道ですが今回は歌の部分はほとんど使わず後半のかっこいいテクノの部分をメインで使いました。
そういえば来年トレインスポッティングの続編がやるみたいですね。誰か一緒に観に行きましょう。


12.Re:Paradox (Back 2 Bellforest Bootleg)
エウレカセブンAOからRe:Paradoxのテクノブートレグです。月光号が隕石から出て来た回でおなじみのBGMですね。本当にこれ気持ちいいテクノです。なんどでも聴けますね。




13.エウレカマイクリレー(Techno Version)
エウレカ曲殺しのファンキーなトラックです。上記のRe:ParadoxのBootleg製作者NOMYさんのトラックなんですがこれ実は少年ハート→Tip Taps Tip→canvas→DAYSのラップ部分を繋いでいく形式なんです。一曲で無限に美味しい最高のトラックです!!!





14.DAYS for BouncY ReEDIT
DAYSのラップ部分からこれに繋げました!! これはDAYSにテクノのビートを合わせただけですがやはりDAYS、みんな一瞬でブチあがってくれました。
これが僕です、これがエウレカです、これが愛です!!!



15.Tiger Track
ここから終盤戦です。エウレカセブンの戦闘BGMでおなじみTiger Track。B2Bでは掛かるたびにフロア発狂するアンセムですね。やはりアップテンポで最高のブチ上がり曲です。ありがとうKAGAMI



16.Tokyo Disco Music All Night Long
今回はこれがやりたかった!「東京」の「ディスコ(?)」の「夜」にかけたかったこの曲!!!
ジャパニーズテクノ不朽の名トラック。TOKYO DISCOです!!!
これが本当にやりたくてやりたくて…






途中で何回かドタついてしまいましたがお客さんをしっかり盛り上げつつテクノを浸透させられたような気がします。
今回本当に公募受かってよかった……



また出たい!!!!!