2016年5月24日火曜日

先日のオタクションの再現を録りました!

もう熱くなってきましたね。
夜でも半袖で十分な気温です。

本日はオタクションの再現を録りました!


オタクション ZiL再現VDJ from VDJ:gekko on Vimeo.






こんな感じです。
まあこれだけだとブログとしては短いのでちょっとした裏話を。




この動画はMacのQuicktimeの機能である画面録画機能を使って録画しました。
家にあるモニターにserato videoから映像を出力、その画面全体を録画という形です。
45分程の映像でしたが3GBくらいの大きさでしたね。
音声はseratoの機能上で録音しました。

どちらもMacに大きな負荷をかけることになるので現場ではあまりしたくないですが、家なら何かあったらもう一度やろうというくらいの勢いでやりました。
割ともたついたような気もしないでもないですが一応一発でできました。

その後adobeのpremiere proで映像と音声を合成しました。



そして、vimeoに動画をあげたのですが何故youtubeやニコニコではなくvimeoなのか。
それは単純に著作権周り対策です。
youtubeやニコニコで音声が消されていたり、削除された動画を見たことがあると思います。これは一般に市販されている音楽やアニメ映像を使っているためです。
アフィなどの商用利用外でも引っかかるとすぐに消されてしまいます。

DJやVJならいいのではないかと思うのですが、アップする際に自動で振り分けられてしまうのでなかなかうまくいきません(ピッチを変えてるとはいえ原曲もかけますし…)


しかし、vimeoならMAD動画等でも自分で作ったという証明ができれば大丈夫なようです。
なので自分はvimeoをメインに映像をあげています。


しかしvimeoにも問題はあります。
無料ユーザーだと500MBしかアップできないという問題です…
なのでかなり画質が悪いのです…



画質に文句がある方がいましたらお金ください(切実)


2016年5月22日日曜日

オタクションお疲れ様でした! 〜今日のセトリと解説を〜

オタクションお疲れ様でした!
酒クズのgekkoです!今日は本当に最高でした!
Remix主体のDJだったのですが、みんなぶちあがってくれてよかったです。

今日のセットリストとその解説を載せておきますね!!!




01.irony [俺の妹がこんなに可愛いわけがない]
ZiLの一発目はClariSでしょ! ってことでirony。やはりぶちあがりますね。
実は3月のSRUnDoの前日に一気に見たのですが中々面白いですね。中の人が花澤香菜さんなので黒猫が好きです。
あんでぃーさんのラストが「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」だったりZawse in Loveの和訳が「愛よ永遠に」だったりすることから俺妹を見直して第5話のくだりから「俺は妹を愛してるんだ!」で愛繋ぎをしました!
偶然ってあるんですね。



02.かくしん的☆めたまるふぉ〜ぜっ!(edit) [干物妹!うまるちゃん]
妹繋ぎでうまるちゃん! 去年サークルメンバーで見たのが懐かしいです。去年のアニクラアンセムではないでしょうか? OPの出来が素晴らしいのであまり手を加えませんでしたが「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 誰もが羨む完璧JK」はおもしろいので本編から映像をとってきました。
ちなみにぼくは海老名ちゃんが大好きです。秋田妹っこ海老名ちゃん絶賛連載中です(ステマ)



03.Let Me Be With You [ちょびっツ]
王道中の王道です。前にエーファイルでかけてフロアがぶち上がったのでちょびっツをチョイス。古い曲ですが男子の心を鷲掴みする内容からファンが多いのでしょうか? 個人的にこの曲を知ったのが2年前にとあるDJさんがかけていたSlirt Disco Remixなのですが今回は原曲で。
とりあえず、ちぃ可愛い。



04.オオカミハート(the sub account Jersey Edit) [オオカミ少女と黒王子]
アニクラアンセムオオカミハートのサブアカさんEDITです! ぼく頑張ってアニメ見ましたが最終話手前で力尽きました! 劇場版やってるらしいですが見る予定はありません。
この曲本当に最高だよなぁ…
アニメ本編そんなに好きじゃないのでMVの映像メインです。てかORESAMAマジで最強なので!!!



05.そのまま踊ってFly Away(Mashup TECHDANCE Remix) [パンティ&ストッキングwithガーターベルト]
最近の十八番、パンストのFly Awayにm-floのそのまま踊って帰っちゃう系? をかさねたマッシュアップです。本当に最近これをことあるごとにかけてますね。
クソかっこいいテックダンスですし、途中の頭悪いワブルベースが大好きです。
セトリの前半だったのですがオタクションのトリ前と言うことで「まだ帰んなよ!」っていう意味で突っ込みました!
これパンストのBGMだったのにメッチャ盛り上がったし最高でした。



06.Renegade [GANGSTA]
はい、みんな大好きギャングスタです。実は前のエーファイルで予備曲としてVDJ素材を作っていたもののかけられなかった可哀想な子。意外とみんな好きなようなので今回満を持して入れました。
前のエーファイルでも今回でも待望の声があったので拾いました。
かっこいいけど日本語で歌え!(字幕作りづらかった)



07.Red Fraction(G3IRU REMIX) [BLACK LAGOON]
ギャングスタから治安悪いコーナーが続きます。BLACK LAGOONです!中高でどハマりしてマルイエアコキM92を工作してソードカトラスを作ったりしました。パッと見じゃあそれっぽかったでしょう!!!
好きな双子編やロベルタ編の映像を入れた最高の映像を合わせた最高のremixです!
ロベルタ編の映像は次の曲への布石です…





08.F○○K IT!!(VDJ:gekko edit) [ヨルムンガンド]
特殊部隊繋ぎでヨルムンガンドよりナイトナインの戦闘テーマです。こちらのEDITは映像付きでニコニコにあげてるものですね。
実はサバゲーをやってまして、ナイトナイン装備と言えるか微妙ですが8割程近い装備を持ってます。今回はヘルメット周りだけ持って行きました。
マジでナイトナインはかっこいい。





09.platinum discomusic all night long [化物語]
今回一番のダークホースかもしれません。
先程からテクノの流れが続いているので故KAGAMIのTOKYO DISCO MUSIC ALL NIGHT LONGという16年前のドアンセムと白金ディスコのマッシュアップを使いました。
自分自身がテクノをメインで回すDJであることや、例えアニクラであってもクラブであることを忘れて欲しくないということでちょっとだけ無茶しました!
本当はKAGAMIの映像を出したかったのですがなかったのでWIREの主催者石野卓球のWIRE03の映像を使っています。




10.街談巷説(H.KWORKS Remix) [化物語]
物語シリーズのドアンセムは続きます。
忍野忍の吸血鬼パンチを音ネタとしたFUTURE BASSです!
これは一月に松本であったREMIX中心のアニクラ「リミナイ」でゲストのH.K.WORKSさんがかけたヤバイやつなんです。
初めて聴いた時「なんだこれやべえ!」ってなりましたね。相方のむらたさんも好きですし自分も好きだったのでこれだけはどうしてもかけたかった!!!




11.Lay Your Hands On Me dj-jo extend remix [キズナイーバー]
古い物好き(?)なZiLがかけた唯一の今期物。キルラキルを手がけたTRIGGER製作のキズナイーバーOP。当日左手にマッキーでキズ描いてたんですよ(くだらない)
BOOM BOOM SATELLITESというテクノ系ユニットの楽曲で、UNDERWORLDやCHEMICAL BROTHERSに似た疾走感!
OP映像が普通にVJ素材として使えると言うことから使いました。
DJ-JOさんというボーカルを録りなおす方で、FUTURE感のあるDUB STEPが特徴的ですがなかなかかっこいいREMIXでした。




12.スパイス(Ati-juf Bootleg Dubstep Remix) [食戟のソーマ]
ちょっとトラップっぽい流れが続きます。
食戟のソーマよりスパイスのダブステREMIX。
スパイスの綺麗な感じは残しつつ、サビ終わりにエグいダブステが来るのでかなりかっこいいです。




13.To All Tha Dreamers gekko Edit [焼きたてじゃぱん]
懐かしい枠です! 焼きたてじゃぱんより二期ED。
3DCGで店長が踊るというクソみたいな映像ですが…
焼きたてじゃぱんはアホさに振り切ったギャグ作品なのでもう一度見てみるのもありかもですよ!




14.Checkmate(crab mixx) [だがしかし]
ここまでやればわかりますね?
実は今までの3曲は全て食べ物に関係する作品。つまり「飯テロ繋ぎ!」
それの最後を締めくくるのはだがしかしのOPのinu mixx。
声ネタを刻みまくることで有名ないぬのエディトに頑張って食らいついた結果がこいつです!
しーだれしーだれしーーだれちょこれーと!!!




15.W-B-X gekko Edit [仮面ライダーダブル]
だがしかしのOPのサビ前で絶対あるコメント「ここ仮面ライダーダブル」を拾った最高にアホな繋ぎです!
仮面ライダーダブル!
中三の時に見た作品です。あのとき自分の周りで風都住民を再現したりして楽しかったなー
ちなみにぼくのフィリップ衣装はウィンドスケール印の本物です



16.TANK!(DJ TAKUYA jersey club bootleg) [カウボーイビバップ]
ハードボイルド繋ぎということで、アニメは知らずともこのテーマは知っている方多いのではないでしょうか?
カウボーイビバップよりTANK!のJERSEY EDIT。
オシャレにキコキコするのでかなりかっこいいですよね。



17.Viva Namida (Toreba Spacedrift Remix) [スペース☆ダンディ]
まあビバップときたらこれしかないですね。スペース☆ダンディからビバナミダ!
スペースダンディはBONESだし面白いのでみんな見ましょう。




18.星屑のインターリュード(Serji remix) [天体のメソッド]
今回本気で映像を作りこんだのはこいつです。宇宙繋ぎということで天体のメソッドED、星屑のインターリュード Serji remixです。
マジで原曲超えのremixですよねこれ。

ちなみに天体のメソッドは作画よし!曲よし!!声優よし!!!ときて脚本が本当にダメな作品です…
なので単純に映像を組むだけでなく「天体のメソッド一話の段階でみんなが想像していた神作品」をイメージして本気で作り変えました。
この映像どうでしたかね?一話とラスト三話を主軸にタイムリープや世界線を超えることをまとめ、サビまで執拗なまでにノエルを映さない。こだわりにこだわった映像です!




19.星間飛行 ( DJ SEVEN Remix)(Loconyan ReEdit) [マクロスF]
ここからむらたさんタイムです。
ノエルのキラーンとランカのキラッ☆をうまく繋げてます。
ところでこの映像を作る際に久しぶりにマクロスFを見たのですが良い作品ですね。
中二の頃の作品ですが当時好きだった先輩が見てたので自分も見てました。
ヤックデカルチャー。



20.Signalize! [アイカツ!]
アイカツよりsignalize!です!
むらたさんと言えばアイカツですよね!
この前初めてアイカツ見たのですがsignalize口ずさめる自分に草生えました。



21.KIRA☆Power [アイカツ!]
まだまだアイカツは続きます!
キラパワー!これもやたら聴きましたね。アイカツ本当にいい曲が多いので全話見ます。



22.TOKIMEKIエスカレート [アイドルマスターシンデレラガールズ]
ここから自分の時間です。アイドルタイムはまだまだ終わりません。アイドルマスターシンデレラガールズより城ヶ崎美嘉のTOKIMEKIエスカレートです!
ついこの間デレマスを見始めたのですがこの曲が挿入歌の三話を見て本気で好きになりました。トップアイドルと並ぶ駆け出しのアイドル、最高の作画、そして最高の曲が揃った回ですね。未だに印象に残ってます。
そして美嘉ねぇが本気で好きになりました。いいですよね美嘉ねぇ。



23.Hotel Moonside [アイドルマスターシンデレラガールズ]
アニクラのみんなにはお馴染みただのEDM、速水奏さんのHOTEL MOONSIDEです!
本当にただのEDMなんですよね。
VJ的にはアニメ本編が6秒しかないので大嫌いなのですが曲はマジでかっこいい。
ここまでやったら公式でアニメ素材配布して欲しいくらいですね…
1、2、KISS KISS(トラウマ)



24.DAYS [交響詩篇エウレカセブン]
みんなお待たせ! gekkoと言ったらエウレカしかないよね!
と言うことでDAYSです!
エウレカの話は長くなるので割愛します。
オタクションが第一回目ということや、まだ5月ということで第一期OPのDAYSを使いました。
映像は一話、二話を中心とし「壮大な物語の序章」みたいなものを、イメージして製作。
エウレカセブンみんな見てね。



25.ブルー・フィールド(shinonome club short edit) [蒼き鋼のアルペジオ]
おーらいしー!
まだまだ大人気ですね!アルペジオEDのブルーフィールド!
みんなでコールするのが本当に楽しいです。
そしてZiLもいよいよクライマックスへ…





26.CLICK [ニセコイ]
はい、でました。ZiLの初陣、エーファイルで一発目にかけました。ニセコイよりCLICK。
ZiLを結成したときむらたさんと自分の共通点が「ニセコイが好き」だったのでやっぱりニセコイは外せません。
ちなみにむらたさんは千棘、ぼくは小野寺が好きです。





こんな感じでした!
出番前にテキーラ2.5杯飲んで死にかけてたのですがプレイはうまくいったので結果オーライですね(もう絶対出番前には飲まねえぞ…)

あと今回どうしてもRemixをかけたかったんですよね。山梨だとRemixを聴く文化が根付いていないような気がしたのでその辺を開拓できたらいいな〜なんて思ってセットを組んでました。
ただ、今回出演者の誰もが思っていたことだと思うんですけど「お客さんの食いつきがよかった」ような気がします。
自分の知っている曲だろうがそうでなかろうが、原曲だろうがRemixだろうが、果てはアニソンだろうがアニソンじゃなかろうが「楽しかったら騒げ!」みたいな空気があったのかな〜なんて見てて思いました。

出番まではウケるかどうか本当に心配でした…
Remixは多分山梨県のお客さんからしてみたらそもそも選択肢にないものだったと思うので拒絶されても不思議ではありません。
ただ、オタクションの他のDJさんにいい流れを作っていただけたので結果的に大熱狂で終わりました。感謝感激です。

主催のヘロウさん、なずさんには頭が上がりませんし、他のスタッフの皆様にも支えていただいて助かりました。
そしてなにより相方のむらたさんにはかなり助けていただきました。ありがとうございmした! 本当にZiLは最高ですね。

あ、でももうキスしません。

2016年5月19日木曜日

VDJ用の動画エンコ方法やその他まとめ

こんにちは!
今週末に控えているオタクション向けの動画制作がすべて終わり気が楽です!
今回もZiLはVDJで挑む予定なので是非お越しください!





という宣伝ですがそもそもVDJってちょっと聞きなれない方多いかと思います。
これは「音楽ファイルではなく映像ファイルを使ってDJをする」ことを指します。
つまり「映像をあらかじめ作っておくことで普通にDJしてれば勝手に映像が出てくる」ということです。
一般のDJさんには不必要なオマケ機能に過ぎませんが、アニクラのように映像と音楽が密接に関係しているような状況だとVJさんの映像のディグりだったり、DJ、VJ間の非常に密な連携が必要不可欠です。はっきりいって非常に難しい世界です。
ですが、VDJなら映像のタイムラグ(一応ソフト上で補正できますが)を除けばほぼ完璧なタイミングで映像を出力できます。


自分自身、映像制作やVJに自信があるので、「できることなら音楽も映像もすべて自分で制御したい」という思いからこのような機構を取り入れました。
ですが、すべての映像に関して手を入れる(字幕を追加する、AMV化する、etc…)を行っているのでかなり負担がかかっています…
また、使用するPCもそこそこのスペックがないと動かないので金銭面でも負担がかかります…
実際おすすめできません…







さてさて、前置きが長くなりましたが、動画っていうのは音楽ファイル以上に拡張子やコーデックにうるさいです。
なので自分なりにではありますが動画の変換方法をまとめておきます。






まず本番に使うものがこちらです

VDJ使用PC:MacbookPro Retina 15inch
VDJ使用ソフト:serato


2012年のMacbookPro Retinaの最上位モデルで行っています。
seratoというDJソフトの拡張機能serato videoでVDJをしています。もともとDJはseratoでやっていて対応コントローラーを持っていることや使い慣れていることから今後も問題がなければこれでいこうかと思っています。



次に動画制作に関してです

動画制作PC:Windowsデスクトップ
動画制作ソフト:PremierePro、After Effects


Macbookより家のWinの方が性能がいいのでこっちで行っています。Premiereでだいたいは作っていきますが、ちょっと凝ったシーンとかはAEを使うこともあります。最終エンコは映像ソースのフレームレートと同じレート(23.976か29.97)で1280×720で作ってます。
フルHD出力にMacが耐えられるか微妙&現場でそこまでいい画質でない&個人的にフルHDとHDの画質の差がそこまでないような気がするので多少妥協しています。
エンコはH.264のmp4、オーディオビットレートは320kbpsです。多少の画質と音質は求めます。




最後に動画の変換についてです

動画変換PC:Windowsデスクトップ
動画変換ソフト:Xmedia recode


今回の要です。mp4だと動画のファイルサイズは抑えられますが、圧縮しているのでPCに負担をかけやすいです。(通常再生だといいのですがスクラッチ等を加えると動作がもたつく…)
なので自分はmotionJPEG(Xmedia上ではこう書いてありますが正式にはphotoJPEGらしいです)のmovで運用しています。
これは圧縮しないのでファイルサイズがべらぼうに大きくなりますが、反面PCへの負担が小さいのでスクラッチ等をしても大丈夫です。




Xmedia中のパラメータ設定方法です

・まずXmediaに動画をドラッグ&ドロップ(一括でできるので複数でも可)
・形式タブの中にある一般-形式をmovにする
・映像タブの中にある一般-コーデックをmotionJPEGにする(下にある品質は1~31まで選べるが1に近いほど高画質になる)
・音声トラックをAACにし、ビットレートを320kbsにする
・動画すべてをリストに追加しエンコード

これでmovコンテナのphotoJPEGの完成です。wav音源ほど音質はよくありませんが320kbps前後でるのでクラブユーズでも問題ないかと。






前に軽く調べたらmovのmotionJPEGが推奨されたのが2010年前後のVJ界隈らしいですね。
今では負荷のかかるmp4でも十分らしいのですが、自分は8レイヤーフルで使うVJスタイルですし、ある程度レスポンスは重視したいのでこれに落ち着きます。


あとはファイルサイズだけがネックよなぁ……

2016年5月14日土曜日

serato videoで勝手にXFエフェクトが変わることが起きたので

来週に迫ったオタクションのために色々と大忙しな日々が続いております。
本気でVDJするからみんなきてね!



さて、今日はそんな準備の時に起こったトラブル(?)の対処法の備忘録です。
自分はVDJの際はserato videoを使用しています。
普段は横フェーダーを使わない(事故が怖い&PCDJコンの横フェが壊れかけてる)のでVDJ時のトランジション程度にしか使いません。

serato videoでは横フェーダーで各デッキにロードされた映像の重ね方を設定できるのですが、前々からいつの間にかその値が変わっていることに気がつきました。

まず、デッキロード時のMIDI信号を疑いましたが、手動でデッキにロードしたところエフェクトが変わってしまいました…ナンテコッタ…

つまり「デッキにロードするとエフェクトが勝手に変わってしまう」ということですね。
そんなのあるわけないだろ! と思っていたらまさかまさかのありました。





こちら、serato videoのスクショです。

中央よりの左一番下に「自動トランジション」とありますね。
これが「ON」や「ランダム」、「次」になっていると自動で横フェ使用時のエフェクトが変わってしまいます。

VDJ時のマンネリ化を防ぐための機能でしょうが自分はいりません。
おとなしくこの機能をオフにすれば何も変化することなくプレイできました。


使ってない機能でもちょっとずつ触って理解していきたいものですね。

特にserato videoは映像を使えるものの制約が厳しい&詳しく書いていないので実験していきたいと思います。

2016年5月10日火曜日

VJ LoopsにてVJ素材を売り始めました

かなり前から四苦八苦していたVJ LoopsでのVJ素材配布ですがようやっとできました!

VJ Loops「VDJ:gekko」


ここでいくつか映像を配布しています。
まだまだ量が少なく、クオリティも低いのですがDLしていただけると励みになります。



折角なので登録方法や動画のアップ方法など躓いたところをサクっと紹介しますね。





・VJ Loopsに「販売者として」登録する
まず最初に自分が躓いたところです。右上にある「販売者として登録」以外で登録してしまうとVJ素材を買う側としての登録になってしまうようで動画をあげることができませんでした。
ページを日本語表示にすると「販売者として登録する」といったようなものが右上に出てくるのでそこから登録しましょう。



・FTPサーバーに動画をアップする
これもちょっと躓いた部分ですね。VJ Loopsのページ内からは動画をアップすることはできません。代わりにFTPサーバーを介して動画をアップします。
販売者として登録するとメールでFTPサーバーの名前とパスワードが送られてきます。FTPサーバーにアクセスできるソフトを導入し、そこにアクセスしましょう。あとはファイルを扱うのと同様に動画をアップできます。



もともと英語のページですし、ちょっとややこしい部分が多いのですが慣れてしまえば簡単です。
VJ素材もっと作ってアップしよ…

2016年5月9日月曜日

UoD03でレコードでDJしました

イベントの疲れが抜けません…
そろそろ年を感じるようになってきました。お疲れ様ですgekkoです。

実は昨日、サークルでDJイベントを開催しました!


その名も「UoD03
なんだかんだで3回目ですが今回はかなり特別な回となりました。







まず第一にプロジェクターを二台使いました。
今までの教室で行ったイベントですと、DJの位置によって光量の差が出てしまい、写真映えしなくなるという問題がありました。
今回は常設のプロジェクターに加え、もう一台から出力される映像をちょっと大きめに「わざとぼかして」投影してみました。


この裏に微妙に映ってるやつですね


VGAハブを噛まして出したので同じ映像となってしまったのですが、ぼかしを入れたことによって単純に照明効果としてもうまく作用してくれました。そして、DJブースの上側をメインにしたことによって疑似的にプロジェクションマッピングのようになってくれて空間的な広がりができたような気がします。
今回は映像ソースを用意できなかったのですが、サブの映像にQCで生成されたオーディオビジュアライザーを表示させると面白そうだなとは思いました。Macもう一台買おう…
個人的にはかなり可能性を感じられました。また今後に活かしていきたいところです。





そして、自分は完全にアナログレコードのみでDJを致しました!
新入生がいたのでかっこつけたかったっていうのが大きかったのですがやっぱり自分にとってDJとはタンテでやるものというイメージが強く、いつかやってみたいと思っていたところだったので練習してなんとか形にしました。






というわけでUoD03のセット紹介です!




1.Niji (Mijk Van Dijk's For Boys Remix)
Denki Groove ‎– Niji (The MFS Twilight Remixes)


言わずと知れた名盤虹のマイク・ヴァン・ダイクRemixです。最初のアカペラ歌詞から入る部分が最高です。エウレカセブンを知り、DJを始め、そしてレコードの道を歩んでいったので絶対に虹をかけるつもりでした。
このRemixは数ある虹の中でもトップクラスのかっこよさです。





2.The Power (Club Mix)
Remedies (2) ‎– The Power

続いてはアップテンポでトランシーな曲The powerです。
シンセがかっこいいですし、ドロップもかっこいい。一度聴けば病みつきになります。





3.Manhattan High (Original Mix)


さっきまでは割と派手目な曲だったのですがそれだけがレコードじゃないぜ!テクノだからコッテリいこうぜ! ということでゆったり目なやつをかけました。
しかし、本番は140BPMくらいまで早回ししていたのでそこそことライバル感のある感じになっていましたね。
そしてこの流れを使って次の曲に繋げていくわけです。






4.Extra (Original)




ずるくてごめんなさい! はい、テクノのドが無限に付くくらいにはアンセムな「Extra」です! 昔知り合いが好きで知っていたのですがテクノにはまってから聴くと本当にすごい曲ですね。
聴けば聴くほどに病みつきになるダークさ。夜に永遠に聴いてみたいですね。







5.Fifths (The Pascal FEOS Remix)
Extraの流れを汲んでダークでミニマルなテクノをチョイス。このトラック動画見つからなかったのですが割と硬派なテクノなのでお勧めですよ。





6.Keep On Movin'
こちらも動画なし! 残念!
このトラック実はお客さんとしてお越しいただいた友人から渡されたレコードの中からその場でチョイスしたものです!!!
中途半端な技術なので不安だらけだったのですがうまくいったと思っています!
かなりかっこいい曲だったので今度買いに行きます。






7.Not So Blue


さっきとは打って変わって流れがかなりお洒落になってきました。メロディアスでアンダーワールドに似た気分になれる良いトラックです。トリップしそう。





8.Tribal War

Caveです! 実は裏面と間違えてかけちゃったんですよね…
それに気づいてすぐに次の曲に繋ぎました。ですが、この裏面、最強トラックですよ。






9.Burry That Treasure

かなりファンキーなトラックです。一応ハードハウスらしいですね。
マジでファンキーすぎるので個人的には最強トラックのうちの一つです。




10.Street Carnival

Cave ‎– Street Carnival


間違えたトラックの正しい方です!
この前渋谷のディスクユニオンで偶然ディグった代物。なんとWIRE03で卓球がかけているやつです!!!

だいたい39分くらいから!


半端なくかっこいいんですよこれが!
あとブレイクが本当に神がかってる!!!
マジで運命感じましたね!



11.Changes of life


はい、こちらもテクノドアンセムでございます。ずるくてゴメンナサイ…
実はというと、トラブルがあったりで焦ってしまい時間を5分早く終わらせてしまうかもしれないという感じだったので急きょぶっこみました。
少し無理やりだったのですがやはりアンセム。最強です。
ちなみにこの曲エウレカセブンのサブタイの元です。



12.Born Slippy



ドアンセム祭りでしたがこれにて自分のDJは終わりです。ということでみんな大好きBorn Slippy。
なんだかんだ自分はアンダーワールドが好きなんですよね。
高校三年生の夏、初めて見たトレインスポッティングの思い出。









こんな感じでDJしてました。
テクノのアンセムだらけです。まだまだディグが浅いのです…
やはりまだまだ未熟なので繋ぎがうまくいかない箇所が多々あったのですが致命的なミスはなんとか免れました。
モニタースピーカーがあればなあとは思うのですが自分の技術も鍛えていきたいところ。淫イヤーモニターのみでヴァイナルプレイができるように頑張りたいです。



失敗もありましたが、新入生を含むお客さんから「レコードかっこよかった」「音がいい」という感想もいただけたので良かったです。





またいつかレコードでDJしたいなあ。